【トヨトミストーブ灯油代】灯油が高い!気になる灯油ストーブの灯油代。トヨトミストーブ版

節約
トヨトミストーブとコロナストーブの違い

大型の対流ストーブといえば

トヨトミストーブかコロナストーブが有名ですが

今回は

トヨトミストーブにかかる灯油代を計算してみました

トヨトミストーブの灯油代

計算するのはこちらの

木造17畳/コンクリート24畳タイプの対流型ストーブ

1ℓの灯油の金額✖️1時間に使う灯油消費量

仕様書の最大燃費消費量をみると

1h 0.647ℓ と書いてあります

灯油代を1ℓ80円と仮定します

80円×0.647=51.76   

1時間の灯油代は

約51.8円とゆうことが分かりました 

(灯油が1ℓ80円の場合)

最近のおしゃれな

ギアミッションも燃費や、

タンク容量の仕様は同じです

トヨトミとコロナ

対流型のストーブとして何かと比べがちな

トヨトミとコロナの違いを見てみました

比べるのはこちらの

コロナストーブの木造17畳/コンクリート23畳タイプ

コロナストーブ

下の表はコロナストーブの仕様書

燃費、灯油の消費量の違い

コロナストーブの最大燃費消費量は

1h /0.640ℓ

トヨトミストーブ

1h/ 0.647ℓ

とゆうことですが

あれ?トヨトミ燃費が悪い?

のではなく

温められる部屋の広さを見比べると

コロナストーブ

木造17畳/コンクリート23畳

トヨトミストーブ

木造17畳/ コンクリート24畳

と木造では変わりは見えませんが

コンクリートになるとトヨトミのほうが広いことから

強さの違いが分かります

トヨトミストーブのほうが少し火力が強いことが分かります

灯油代は(1ℓ80円の場合)

コロナストーブ 51.2円

トヨトミストーブ 51.76円

火力の強さから灯油代がすこーし違います

コロナとトヨトミで

燃費の良し悪しに違いは見られなそうです

どちらのほうが

燃費がいい、悪いとゆうことではなく

トヨトミストーブのほうが少し火力が強いので

灯油代が少し高い

とゆうことが言えそうです

タンク容量

次に違いが判るのが

灯油タンクの容量。

アウトドアやキャンプに灯油ストーブを持っていくことありますよね?

最近よく見かける

アウトドアにも灯油ストーブ。

タンク満タンにして持っていった場合に

どれだけ使えるのかの違いも気になるところ。

コロナストーブの

タンク容量7ℓ

燃焼継続時間 約11時間

トヨトミストーブの

タンク容量6.3ℓ

燃焼継続時間 約10時間

タンク満タンにして運ぶなら

コロナストーブのほうが

長い時間使えることが分かりました

使ってみた様子

我が家は木造、築100年以上の古民家です。

上記のトヨトミストーブ、コロナストーブ。

そしてアラジンストーブまで

3台の灯油ストーブを活用しています

アラジンストーブは木造の我が家では

6畳の部屋をふんわり暖めます

(ちょっと力不足を感じます)

トヨトミストーブは土間

コロナストーブは18畳の居間。

部屋中をぽかぽかに温めるとゆうよりは

部屋はふんわりと暖かくなり

自らストーブに近づいて

過ごしています

点火の仕方

灯油の入れ方、消火の仕方、手入れの仕方。

どちらにも使いづらさなどはかんじず

生活の中で使用している分には

これといった違いは感じられません

コロナかトヨトミ

どちらか悩んでいる、とゆう方がいるとしたら

部屋の大きさや、デザインで決めてもいいのではないかと

私は思います

デザイン性

2社の大きな違いとしては見た目のデザインがあります

部屋の大きさに合うものと

お気に入りのデザインを見比べて探してみるのがいいですね。

コロナストーブ

コロナストーブの見た目といえば

オフホワイトのシンプルな見た目が特徴的です

18畳の居間にコロナストーブ

白いぽってりとしたフォルムは

置く部屋を選びません

コロナストーブは本体の高さが少し違う

大きさ違いの2タイプを販売しています

木造13畳/コンクリート18畳

少し背の低いタイプ

写真は、

木造17畳/コンクリート23畳用

大きなタイプです

トヨトミストーブ

トヨトミストーブといえば

ここ数年いろんなデザインを出しています

まずシンプルなものが

トップの天板と土台が薄グレーの

ちょっとクールな印象のストーブ

木造17畳/コンクリート24畳タイプ。

コロナストーブと比べるとシャープな印象があります

土間にトヨトミストーブ

同じ大きさのタイプで

真っ黒いシックなものも販売されていました

ただこちら、

人気ですぐ売り切れてしまします

もう一つ近年の大人気商品

ギアタイプシリーズ

毎年カラーを替えて販売されては

すぐに売り切れるほどの人気。

今までの白メインのストーブと違って

アウトドア好きや男の人に向けた

デザインがいろいろと販売されています

少し小さなタイプもあります

木造:7 畳
コンクリート:9 畳

アラジンストーブが木造7畳までなので

7畳ほどの部屋サイズで選ぶなら

アラジンストーブかこちらのトヨトミストーブで悩めますね

このようにトヨトミ社は様々なデザイン性の

対流型ストーブを販売しています

まとめ

ひと昔前なら対流型ストーブといえば

ホワイトぽってりとしたなコロナストーブか

ちょっとシャープなトヨトミストーブでした

構造がシンプルなので

壊れにくく丈夫なストーブ。。

買い替えは遠そうですが。。

いまやトヨトミ社のデザイン性に驚かされます

コロナストーブのぽってりとしたフォルムも

好きなのですが

トヨトミ社のギアタイプ。。

今後どんな色が展開されるのか

楽しみです

コメント

タイトルとURLをコピーしました